心臓弁膜症の症状や手術についての最新情報を知るサイト

心臓弁膜症がよくわかる,症状,手術

心臓弁膜症とは

心臓弁膜症という病気をご存知でしょうか?

心臓弁膜症

じつは「心筋梗塞」「狭心症」に続いて3番目に多い心臓疾患で、年々増加傾向にある病気の1つです。

生まれつき弁膜症の人もいれば、成人になってから発症する人もいます。

弁膜症は一般的に高齢者に多く見られるのですが、最近では若年層にも増えていて、年齢に関係なく誰にでもかかる可能性のある病気だといえます。

弁膜症という病気は、ほとんど自覚症状がなく何年もかけ緩やかに進行していきます。

スポンサードリンク

偶然に見つかるケースが多い

弁膜症と知らずに生活していて、症状が出て発覚する場合や定期検診などで偶然に見つかる人もいます。

弁膜症は、軽度の内に見つかれば経過観察で治療もなく生活できます。

ただし、進行して見つかった場合には「心臓手術」という場合も十分ありえる話です。

症状が何もなくても検診などで異常を指摘された場合には、一度は循環器専門医の診察を受け、心臓エコー検査を行うべきです。

また症状がある場合には、循環器の専門医による治療が必要です。

弁膜症は決して珍しい病気ではなく、誰にでも起こりうる身近な病気だということを知っておきましょう。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional