心臓弁膜症の症状や手術についての最新情報を知るサイト

心臓弁膜症の種類

弁膜症の種類

僧帽弁,大動脈弁

各部屋の出口と入り口にある扉を弁といいますが、この扉(弁)がしっかり開閉しないと押し出した血液が逆流してしまいます。

これが弁膜症です。

とくに強い力で血液が流れる左心室にある2つの弁が問題となります。

じつに弁膜症の90%以上が、左心室という部屋にある扉(僧坊弁と大動脈弁)の障害が原因となっています。

スポンサードリンク

僧帽弁狭窄症・大動脈弁狭窄症

狭窄症とは、心臓弁が何かの理由で硬くなってしまい開きにくくなる場合を搾取(きょうさく)といい、血液が流れにくくなります。


僧帽弁閉鎖不全症・大動脈弁閉鎖不全症

閉鎖不全症とは、血液を送り出すために開いた弁がピッタリと閉まらなく、送り出した血液が部屋に戻ってきてしまうのが、閉鎖不全といいます。

以上が、よくある代表的な4つの弁膜症です。

どの弁に問題が生じるかで、それぞれの症状が若干異なってきます。

また狭窄症と閉鎖不全症が同時に起きる場合もあります。

他には、心臓内の右側にある三尖弁、肺動脈弁にも狭窄症や閉鎖不全症はありますが、成人の病気としては大きな問題になることは稀といわれています。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional