心臓弁膜症の症状や手術についての最新情報を知るサイト

心臓弁膜症の症状

弁膜症の症状とは

弁膜症の代表的な症状としては、動悸や息切れ、疲れやすい、胸痛、呼吸困難などです。

心臓弁膜症,症状

しかし運動不足や加齢だと思う人がほとんどで、まず見過ごしてしまいます。

私もそうでした。

また症状には個人差があり、重症患者でもまったく症状がでない人もいます。

さらに病気が進行すると、普通に歩いても息が切れ、疲れやすくなる、めまいといった症状が現れてきます。

重症化すると安静にしていても、あおむけに寝られないほど息苦しく、枕によりかかって寝るという状態となり、心臓ぜんそく、むくみ、血たん、心不全、不整脈、狭心痛などといった症状がでることもあります。

スポンサードリンク

僧帽弁閉鎖不全、狭窄症の場合

憎帽弁の弁膜症では、長く放置してしまうと不整脈を起こすことがあります。

怖いのが心臓の左心房内で血栓(血のかたまり)ができ、これが血液中を通って脳動脈や手足の血管を詰まらせることです。

また僧帽弁閉鎖不全では、三尖弁膜症を合併することもあります。

一般に僧帽弁では閉鎖不全より、狭窄の方が悪化するのが早いといえますが、軽度の逆流だけなら極端な心配はいりません。

大動脈閉鎖不全、弁狭窄の場合

大動脈弁狭窄の代表的な症状は、動悸、息切れ、そのほかに脳貧血や狭心症に似た発作を起こすことです。

進行すると呼吸が苦しくなり動悸の症状から、むくみやぜんそくの症状も現れます。

自覚症状はなかなか出てきませんが、いったん症状が出ると悪化は早いです。

また大動脈弁閉鎖不全も似たような症状ですが、首筋の血管が目立って脈打つのが特徴です。

先天性の弁膜症

生まれつきの弁膜症では肺動脈の狭窄が代表的で、程度によって症状は異なります。

狭窄がひどい場合には、生後まもなく右心不全の症状が出ます。

肝臓が腫れて腹部に水がたまり呼吸が荒くなり、いかにも重体という感じになります。

また爪や唇の色が紫色になるチアノーゼの状態になります。

狭窄が軽い場合には、わかりづらいですが特別な心臓の雑音が聞こえます。

成人の頃から、息苦しい、動くと息切れがするというような症状が現れ、そのまま進行すると心不全の状態におちいり、死亡することもあるので注意してください。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional