心臓弁膜症の症状や手術についての最新情報を知るサイト

心臓弁膜症の治療

弁膜症の治療

弁膜症の治療には、内科的治療と外科的治療があります。

心臓弁膜症,内科治療

弁膜症がある程度進行して症状があるときなどは、内科的治療となり薬が処方され症状の緩和、進行の抑制させることで心臓の負担を取り除きます。

薬による治療の効果は、定期的に検査をしていき再評価した上、今後の治療方針を決めていきます。

弁膜症自体は、薬では治りませんので病気がある程度進行した場合にはガイドラインに沿って外科的治療いわいる手術が必要となります。

内科的治療(症状がある場合)

症状とは、むくみ(肺うっ血症状)、高血圧、不整脈(心房細動)、胸痛(虚血性心疾患)、心不全症状(息苦しさ、動悸、呼吸困難)などです。

薬 名効 果
強心剤心臓の収縮力を高め、全身に血液が行きわたるようにします
利尿剤余分な水分を体の中から取り除き、心臓にかかる負担を軽くします
血管拡張剤血管を広げて血液の流れを良くし、心臓にかかる負担を軽くします
抗不整脈剤心臓のリズムを改善し、不整脈が原因で起きる不快な症状を軽減させます
抗血液凝固剤血液を固まりにくくし、血栓ができないようにします
降圧剤心臓から拍出される血液量を減らすか血管を広げることによって血圧を下げます

スポンサードリンク

外科的治療(手術)

悪くなってしまった弁は、残念ながら薬で治すことはできません。

ある程度、進行してしまえば外科的治療(手術)が必要です。

弁膜症の手術は、日米の循環器学会等で決められた治療ガイドラインに沿って、医師が判断します。

最近では心臓手術の安全性が高まり、症状がなくてもある程度の逆流がある場合は、手術をするケースが増えています。

心臓弁膜症,外科的治療

手術では、問題のある弁を修復する弁形成術と弁を人工弁に取り替える弁置換術があります。

どちらが適応なのかは弁の状態で決まりますが、最近は弁形成術を積極的に行う病院が圧倒的に多くなりました。

弁膜症は、的確な手術さえ行えれば、弁機能自体の不具合は解消されます。

今の弁膜症手術は、近年の著しい医療の進歩により安全な手術となっています。

早期に手術を受けるほうが術後の経過や心臓の機能回復がよいため、手術のタイミングを適切に判断することが重要です。

また病院により手術のタイミング、手術方法が若干変わってきますので、病院、医師を選びも重要になります。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional