心臓弁膜症の症状や手術についての最新情報を知るサイト

心臓弁膜症の検査

弁膜症の検査

弁膜症の検査では、障害のある弁とその状態を医師が確認します。

さらに心臓の機能状態や他の臓器への影響、また合併症が併発しているかなども調べます。

問診では、弁膜症の症状、動悸、息切れ、疲れ、胸痛の程度と自覚症状を確認します。

心臓弁膜症,検査

スポンサードリンク

★一般に実施される弁膜症検査★

検査項目わかるのか事検査の苦痛度
聴 診心臓の雑音がわかります苦痛はありません
胸部レントゲン心臓の肥大の有無がわかります苦痛はありません
心電図検査不整脈などがわかります苦痛はありません
心臓エコー心エコーと呼ばれる検査で主に逆流程度、弁の詳細な状態がわかります。逆流レベルもわかります苦痛はありません
採 血(BNP検査)逆流による心臓へ負担率がBNP検査でわかります通常の採血と同じ


★弁膜症発覚後の検査(レベルが中高等の場合)★

検査項目わかるのか事検査の苦痛度
ホルター心電図24時間心電図です。不整脈がわかります苦痛はありません
経食道心エコー食道から心臓をみます、通常の心エコーより詳細な情報が得られます胃カメラのような感覚で実施されます。麻酔で半寝状態で行うと苦痛は少なくすみます
心臓カテーテル心臓やその周りの血管の血液循環の状態を調べます 局所麻酔をして、血管からカテーテルを入れての検査
心臓CT心臓やその周りの血管の状態を見る 造影剤を注入してから撮影します。この検査で心臓カテーテルをしなくても良い場合があります。

自覚症状・心機能状態などから、専門医が総合的に判断し内科的治療か外科的治療が決定します。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional