心臓弁膜症の症状や手術についての最新情報を知るサイト

心臓弁膜症の手術

心臓弁膜症の手術について

一昔前の心臓弁膜症の手術といえば心不全を繰り返している人ばかりが受けていました。

心臓弁膜症の手術

なぜなら症状が出てから手術するのが一般的だったからです。

症状があるということは心臓や体への負担がかかった状態なので手術自体を乗り切ることが自体が大変だったのです。

しかし現在は違います。

医師の技術向上や手術をとりまく科学の進歩により、心臓手術は格段に安全なものになっています。

スポンサードリンク

手術のタイミングが大切

最近の傾向として「安全な手術なら」と早めに手術を希望する患者さんも増えています。

無症状のうちに手術を行うことで手術成績はもちろん、術後の回復も大変早くなってきます。

日本で1番多く行われている心臓手術は、心臓の表面を走る冠状動脈が細くなったり、詰まったりする病気に対して行われる冠状動脈バイパス手術です。

最近では天皇陛下がこの冠状動脈手術を行い、ご無事に公務に復帰されています。

これは人工心肺装置を使わない手術ですので、体への負担や合併症のリスクが減少します。

しかし心臓弁膜症の手術では心臓内部にメスを入れなくてはならないので、どうしても一時的に心臓を止めなくてはいけません。

そこで心臓と肺の役割をする人工心肺装置という機器が使われます。

人工心肺装置とは、心臓を止めている間に心臓に流れるすべての血流を人工心肺装置へ送り体外循環を確立させて生命を維持させる装置のことです。

そして心臓が停止している間に、問題のある弁の形成術や機械弁、生体弁への置き換え術を行うのです。

聞いてるだけ不安を感じる人もいると思いますが、この人工心肺装置は世界中で日常的に使われている安全性の高い装置ですのでまず心配しなくても大丈夫です。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional