心臓弁膜症の症状や手術についての最新情報を知るサイト

心臓弁膜症と不整脈,心房細動

心房細動(不整脈)とは

正常な人の脈は「トン、トン、トン、トン」と規則正しいリズムを刻んでいるのですが、心房細動の患者さんはこの脈の間隔が不規則となります。

心臓弁膜症,不整脈,心房細動

心房細動は、期外収縮に次いで起こりやすい頻脈性不整脈で、高齢になるほどその頻度は増します。

心房細動が新たに始まる時には、突然始まる動悸として自覚されることが多いようです。

胸がもやもやする、胸が躍るようだ、あるいは胸が痛い、めまいがする、などと感じることもあるようです。

心電図検査で発見できますが、手首の脈でも簡単に確認することができます。

脈のリズムはバラバラで、早く脈を打つことがあれば遅いときもあります。

心房細動自体が原因で、突然死につながるようなことはありません。

現在、心房細動の治療ではメイズ手術、カテーテルアブレーションなどがあります。

スポンサードリンク

弁膜症と心房細動

弁膜症の患者さんで心房細動を起こしやすいのが、僧帽弁狭窄症と僧帽弁閉鎖不全症の方です。

僧帽弁に障害があり強い逆流があると、心臓の左心房にかかる負担が大きくなります。

そのため長期に放置すると、左心房の壁が傷み心房細動が起こりやすくなるのです。

心房細動になると何が問題かというと、血栓(血のかたまり)ができやすくなるということです。

血栓が血管を流れて脳で詰まれば脳梗塞となります。

血栓以外でも、心臓内の心房から心室へ血流の力が弱くなっていき、心臓の機能が低下します。

弁膜症の心房細動が起きてから日が浅ければ、投薬や電気刺激を与える治療などで治せる可能性はあります。

しかし長期に渡って弁膜症を放置して、心房の壁が伸びて心房自体が大きくなってしまっている場合には治療が困難となります。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional