心臓弁膜症の症状や手術についての最新情報を知るサイト

心臓弁膜症,僧帽弁の弁形成術

僧帽弁形成術

弁膜症の手術では、人工弁の置換術の他に僧帽弁の形成術があります。

自分の弁を切り取らずに残し、閉まりの悪い弁を縫い合わせたりすることによって逆流や狭窄を治す方法です。

心臓弁膜症,弁形成術

弁形成が可能なら、ワーファリンの服用や人工弁に関係する合併症の心配がなくなります。

形成術とはいっても人工物をまったく使わない訳ではありません。

リングと呼ばれる人工弁輪、人工腱索、異種心膜パッチなどを補強のために使うことがあります。

スポンサードリンク

弁形成術が可能な弁膜症

現在、弁形成術が可能な疾患は、僧帽弁閉鎖不全症と僧帽弁逸脱症だけです。

弁形成術が可能かどうかは、心エコー検査や経食道エコーなどの検査で弁の形成術が可能かどうか判断されます。

心臓外科医は、手術前に細かく形成方法の計画します。

どうしても弁形成が上手くいかず、逆流が残る場合には人工弁の置換術に切り替えられることもあります。

術後、数年してから逆流が再発することも稀にありますので、経過観察が必要です。

昔は人工弁の置換術が主流でしたが、現在では弁形成術が積極的に行われるようになっています。

ただ弁形成は、執刀医の腕にかかわってくる手術だということを覚えておきましょう。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional