心臓弁膜症の症状や手術についての最新情報を知るサイト

僧帽弁閉鎖不全症とは

僧帽弁閉鎖不全症とは

僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓にある4つの部屋のうち、一番血圧がかかる左心室の入り口にある弁を僧帽弁といい、この僧帽弁が何らかの原因でうまく閉じずに左心室から出た血液が再び左心房に逆流する病気です。

原因としては、リウマチ熱の後遺症として弁膜症を発症するケースがありましたが、最近では抗生物質の登場によりリウマチ熱自体が減少したので、リウマチ熱による弁膜症も減少しています。

その他の原因としては僧帽弁を支える筋肉(腱索)の異常によるものや、最近では高齢化に伴う加齢で起きる弁膜症が増えています。

僧帽弁閉鎖不全症では、血液の逆流程度がありますが逆流レベルが1~2の軽度の場合ではとくに症状はありません。

しかし逆流レベルが3の中等度以上になると倦怠感、動悸、労作時呼吸困難などの症状が現れる人もいます。

さらに最高レベル4の重症になると心不全を起こす人もいますが、まったく症状がない人もいます。

若い人の場合は逆流レベル4でも無症状の人が多く見られますが、高齢者になると症状が現れやすい傾向にあるようです。

逆流が酷い状態のまま放置していると肝臓や腎臓の影響、また不整脈合併を介して脳梗塞など起こす可能性もでてきますので注意してください。

スポンサードリンク

僧帽弁閉鎖不全症の診断

僧帽弁閉鎖不全症の診断は、聴診、胸部レントゲン、心臓エコーでほぼ診断が確定できます。

  • 聴診では逆流の雑音が確認できます。
  • 胸部レントゲン検査では心臓肥大の有無を確認します。
  • 心臓エコー検査では逆流レベルなどを確認します。

内科的治療が難しくなると外科的治療となり、いわゆる手術が適応されます。

しかし心臓手術とはいっても成功率の高い手術なので安心してください。

僧帽弁の手術には人工弁や生体弁を植え付ける「僧帽弁置換術」と自分の僧帽弁自体を修復する僧帽弁形成術の2通りあります。

昔は僧帽置換術が主流でしたが最近では弁形成術を積極的に行う病院が増えており、合併症も少なく手術や治療の成績も良好です。

僧帽弁には後尖と前尖があり、それぞれを支える糸(腱索)が切れたり伸びたりして起りるケースがほとんどなのですが、後尖より前尖の弁形成術の方が難易度が上がるようです。

伸びたり切れてしまった腱索には、人工腱索に置換えを行う場合もあります。

また僧帽弁閉鎖不全症の手術では、肋骨を切らない手術としてポートアクセス手術が一部の病院で実施されていて、合併症が少なく、傷口も小さい、回復も早いことから注目されいています。

このような弁形成術を希望されるのであれば、やはり経験豊富な心臓外科医に委ねるのが一番です。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional